ホーム  > うべの文化 > 宇部の文化財 > 有形文化財 > 彫刻 > 銅造浮彫菩薩形半跏像

1つ前に戻る

宇部の文化財

銅造浮彫菩薩形半跏像

画像をクリックすると拡大表示されます

地図をうべまっぷを開く

 縦16.3センチメートル、横8.4センチメートル、厚さ0.7センチメートル。長方形の銅板を鋳造し、表面のほぼ中央に半肉彫りの半跏思惟像を鋳出しています。目鼻立ちや衣紋にタガネ彫りの跡がみえます。もともとは鍍金されていたと思われますが、現在はさびの被膜におおわれています。
 半跏思惟の形をした仏像は6世紀中頃~7世紀中頃にかけて中国・朝鮮で多く見られますが、顔立ちや着衣などの表現からわが国での製作と考えられます。国内では奈良・白鳳時代に多く製作されましたが、本像は全体的な造型からみて平安期の製作と思われます。
 このような形の彫像は県内でも類例がなく、貴重です。

前の画像      次の画像

種別 : 市指定有形文化財(彫刻)
指定年月日 : 1991年(平成3年)3月30日
所有者・管理者 : 法泉寺
所在地 : 宇部市小野棯小野

今週のおすすめトピックス
グランド整備

【グランド整備】